壁の仕上げ方の注意したい点

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

雨漏りは建物の造りや建物の表面に使って
います仕上げ材や使っています部材、施工
方法によって起きます。また、建ててからの
経年劣化でも起きてしまいますが、お客様自身が
早く気付き手当てをすれば雨漏りを最小限に
する事も可能です。

その為に必要な事を解説して行くブログでも
あります。

写真をご覧ください。

率直に壁からの雨漏りは心配ないでしょうか?

外から見ただけなので内側の壁の状態に
ついてはこれ以上はお応えできません。
ですが、施工上の心配と可能性だけは
画像で解説はして行きます。

この壁は上から左官壁+塗装→鉄骨梁+塗装
→ブロック壁+塗装で仕上がっています。
特に雨漏りで注意すべき部分は、上下の
境い目になる鉄骨の貼部分です。

本来、このような形で梁や柱を見せる場合、
木造住宅でも”真壁”と言う工法でもそうですが
雨水が侵入しやすいので、点線で示した部分には
注意が必要です。
とは言ってもシーリングだけに頼る事が
ない様に考えるべきです。

境い目を雨水は伝わり、隙間に雨水が溜まったり
侵入するようになるので、仕上がりには
出入りと排出、水切りが出来る様な取り合いの
納め方を考えて行けるように業者同士が
考えて行くべきです。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

23-0224までお電話を!
Googleマップ検索、Googleマイビジネスでも
雨漏り110番飯田店の紹介がされています。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(FB、twitter、Google+)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =