窮屈な屋根の納まりは雨漏りが起きやすい。

雨漏り110番飯田店の店長兼雨漏り診断士の宮下です!

お客様の依頼で見させてもらいました案件の紹介に
なります。まずは下から見ました軒の天井の写真です。
↓いかがでしょうか?なぜこんな状態になったのか!?

軒天井のしみ

随分前から起きていたという事です。

ここまでくると天井だけでない部分にも影響が
出ていると想定されます。想定される理由は住宅の場合に
天井の仕上がり位置と壁の仕上がり位置にあるからです。
雨漏りが起きたら雨水はどこに行くかです。
ここが重要なのです。

さて、今回気になったのは屋根の形状と屋根とお隣の
壁との境目の部分が接近している事です。屋根の形状に
関しては「谷」と呼ばれる雨水が多く流れる部分が
ある事と流れ落ちる水が接近した壁に近い事や
建物の周辺に落ち葉が落ちる木が多くある事です。

さて屋根の上に昇ってきました。

瓦の納まり 谷のゴミ

写真を見て下さい。下から想定したとおりになっています。
瓦屋根を一部めくってみたところ、谷の部分にゴミが
詰まっていまして、流れない水が谷からこぼれて
防水紙(アスファルトルーフィング)に流れ出していました。
雨漏りが起きていました。

写真を撮りお客様には説明を行い、その後については
施工した業者に対応をしてもらいました。
何せ今回の場合、接近する屋根をどう安全に作るのか?
考えたらこのような事も起きなかったと思います。
工夫が必要なのです。

住宅の周辺に落ち葉が落ちやすい木があれば、年に数回は
その部分の掃除も大事でしょうね。
しかし高いところは危険です。自分で作業なさらず業者に
頼むことも良いかと思います。
家を守る為の必要経費だと思っていただけると幸いです。

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ

23-0224までお電話を!

NPO法人雨漏り診断士協会
雨漏り110番本部
宮下板金工業有限会社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 5 =