霧除け庇の役割は何!

雨漏り110番飯田店の店長兼雨漏り診断士の宮下です!
さて、今回は「霧除け庇」について書いていこうと思います。

霧除け庇とは・・・建築の用語集からの引用になります。
開口部(サッシ)の上に取りついている庇を言いますが
庇の形式は腕木(タルキや梁材、野地板が見える)式と
箱庇(仕上がりが箱状に見える)の大きく分けて2種類に
なります。霧除け庇がある事で、サッシ等への雨の掛かり方が
変わります。

 

霧除け庇 腕木 霧除け庇 箱庇

雨の降り方によっては窓を開ける事が出来るようになります。
そんな霧除け庇ですが、昔の建物には良くありましたが
近年の建物にはコストアップになる事から削られるケースが
見て取れます。また、サッシと外壁(窯業系サイディング)の
取り合いがシーリング処理になる事で、シーリングの経年劣化から
雨漏りがおきます。

そんな中、霧除けの庇も素材が金属を用いるようになって
くると見直されて取りつく事例も見受けられます。
ただし、金属特有の問題も出てはしまいますが・・・しかし
取りつけることにより雨仕舞が良くなり、雨漏りも減る事は
確かです。

霧除け庇 金属 霧除け庇 金属

現在庇がないお宅でも後付け出来るものもありますので
考えてはいかがでしょうか?

さて次回は「サッシ周り」で行こうと思います。

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ

23-0224までお電話を!

NPO法人雨漏り診断士協会
雨漏り110番本部
宮下板金工業有限会社

Follow me!