雨漏り調査の依頼から修理まで③

雨漏り110番飯田店の店長兼雨漏り診断士の宮下です!
解体等を進めて行くと色々な事がわかってきます。
施工時にどのような事をしてきたのか?
この無理な状況はどうしてできたのか?

現在、写真で示す部分は雨漏りが起きやすい部位に
なっております。建物の修理を依頼されてから
仕事を進めていく中で、各所解体を行って
行くわけですが、今回直接雨漏りに起因した原因で
ない場所であっても確認の作業をしていきます。

現在の建物でも瑕疵保証制度があるために
かなり気を遣う場所にはなっていますが、
注意をして行かなくてはいけない場所には
変わりがありません。
雨漏り サッシ 防水 雨漏り 防水

雨漏り サッシ 壁 取り合い 雨漏り サッシ 壁 取り合い 笠木

今回この部分の直しては行きますが、できる範囲で
施工は行いますが…
その部分については納得がいってもらえるように
話をしながら進めていきます。

基本的なところですが、施工中に「危険だな!?」と
感じる部分があれば施工方法を再検討しなくては
いけない場合もありますが…
もっともな話ですが、無理と思われる建物には
雨漏りが起きる原因や要素がたくさんある訳です。

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ

23-0224までお電話を!

NPO法人雨漏り診断士協会
雨漏り110番本部
宮下板金工業有限会社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − two =