雨漏りの原因は!?

雨漏り110番飯田店の店長兼雨漏り診断士の宮下です!

まずは写真を見てください。
新築当初は屋根もきれいな状態だったと思いますが
経年劣化により色落ちがしています。ここでまず
考えるのが…
塗った方が良いのか葺き替えた方が良いのか?
表面の状態 屋根の表面の状態

この屋根は平板着色スレートまたは化粧スレート
(通称:コロニアル)と呼ばれている屋根です。
石綿スレート(アスベスト入)の板に着色を施して、
瓦より軽い屋根として住宅の屋根にすでに
40年以上使われています。

現在はアスベストの健康被害等の本題から
近年ではノンアスベストの屋根材になり、塗膜や
製品の厚み、製造メーカーの統合などで
商品自体が大きく変わって来ています。

さて今回の屋根ですが、すでに塗る時期を
過ぎてしまってきています。良く見るとシーリング等で
補修した現状が見えます。これは何かと言うと
割れたり雨漏りが起きた事から補修したと
考えます。

ただし(写真参照)、場所によっては塗ったら
雨漏りが起きてしまいます。これはこの屋根の
施工法や製品、水が侵入した際にどのような形で
雨水を排出する構造になっているのかを
知らない為に雨漏りにつながっているわけです。
シーリング 補修

見えにくい割れ

場合によっては鋼板の板を差し込むなどの
別の対策もありますが、シーリングは基本ダメに
なります。きちんと接着されていなかったり
延ばしたり、しごいていないと効果がありません。
悪い例

今回では書ききれませんので次回、この屋根の
構造について書いてみたいと思います。
その後、手入れの時期や塗装の方法なども
書いてみたいと思います。

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ
23-0224までお電話を!

NPO法人雨漏り診断士協会
雨漏り110番本部
宮下板金工業有限会社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 1 =