このような屋根の場合はここを確認する!

雨漏り110番飯田店の店長兼雨漏り診断士の宮下です!

このような形の屋根は比較的住宅に使うケースは
少ないですが、やはり屋根の上まで昇らないと
状況はわかりません。
さてこちらの屋根の場合雨漏りが起きやすい所を
屋根の構造を説明しながら解説していきます。

この屋根は「折板構造(せっぱんこうぞう)」と言う
呼び名の屋根になりますが、さらに重ね式とハゼ式
嵌合式の大きく分けて3種類になります。
今回の屋根は重ね式になります。特徴はボルトが
屋根の上から確認が出来ます。

折板屋根 重ね折板 セッパン 折板屋根 構造

折板屋根 タイトフレーム折板屋根 タイトフレーム

さて、屋根に屋根の材料を止めるボルトが見える
と言うことはどういった事かと言うと…
雨漏りが起きやすいわけです。ただし、比較的
原因がわかりやすいので対処もしやすいのです。

折板屋根 中間ボルト 折板屋根 中間ボルト

構造(作り方、構成)を理解いただく事で直し方も
わかります。ですが…わかっていないと無駄な事や
再度雨漏りが起きるケースも知っています。
写真や画像にも一部解説を入れておきますので
見ればある程度はわかるかと思います。

ただしわからない時は我々「板金屋」へ問い合わせて
ください。建築屋さん、大工さん、瓦屋さん、
塗装屋さん、防水屋さんへ聞いてはいけません。

こちらのブログも同時更新をしています。

宮下板金工業 飯田下伊那|屋根、壁、雨といなど

建物の外廻り専門総合工事業です。

 

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ
23-0224までお電話を!

NPO法人雨漏り診断士協会
雨漏り110番本部
宮下板金工業有限会社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + 9 =