ハゼ組の仕事…間違うと雨漏り

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!
雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

われわれが行う仕事に当たり前のように
使う言葉に〝ハゼ組″と呼ばれるものがあります。
この画像を見てもらうといろんなハゼ組が
あります。

屋根 ハゼ組 板金

今回のハゼ組は〇で示したものになります。
立てハゼと言います。下の画像を見て下さい。

さて今回依頼を受けました雨漏りの調査で
わかったのはこのハゼ組の不備から起こった
事による雨漏りになっています。

解説付きの画像を見てもらうとわかりますが
鋼板屋根の下の部分がこれだけ濡れたり
湿った状態になります。

雨漏り 立平葺き 吊子 立平葺き ハゼ組

屋根材 裏側 さび 立はぜ 説明

大きな原因はハゼ組を最後まで行っていなかった
のが原因ですが、あともう1工程の曲げが
なかった事で雨や雪で雨漏りを繰り返し、
入った雨水は屋根の傾斜に沿ってながれて
下の天井に落ちていました。

今回は屋根の途中に突起物がありましたので
その部分に流れ落ちました。落ち始めてから
今回原因がわかるまでに、当社も何度も
現地に出向きまして、仮説を立て検証して
結論を出しました。

現在は修理が終わり雨漏りを完全に止める事が
できました。
雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ
23-0224までお電話を!
宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + ten =