この部分から雨水は侵入します。そして雨漏りに…①

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!
雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

まずは写真をご覧ください。

長尺瓦棒 棟 切り込み 処理

〇で示した部分ですが、屋根に切込みが
入っているのがわかると思います。
見れば普通に…「雨漏りはしない!?」と
感じると思います。

現在このような施工は行っていませんが
たまに見かける施工方法になります。ただし
ひと手間やこの部分に雨が掛からないような
施工がしてあれば良いケースもあります。

雨漏りが起きるとこの部分から雨水は侵入して
雨水が流れやすい屋根のつなぎ部分を通ります。
ただし、雨漏りが直上で起きる時と下へ下りた
時とありますのでご承知ください。

根本的な施工上のミスもありますが、
この部分はきちんとふさげてしまう事や
雨が掛からないようにする事が大事です。
一時的な修理はシーリング等の防水材を
切込み部分に充填(塗る)事で防げます。

塗装をする際は、シーリング材を充填して
上塗り塗装を行うことで、ジーリング材の
劣化を遅らす事ができます。

雨漏りが起きたら正しい調査や診断をして
適切な方法や予算で直して行く事を
お勧めします。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ
23-0224までお電話を!

 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × five =