この部分から雨水は侵入します。そして雨漏りに…③

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!
雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

まずは写真をご覧ください。

窯業系サイディング 割れ 反り

窯業系サイディング 目地 シーリング
写真の囲ったり矢印がしてある部分ですが
非常に危険な状態となっています。

この壁はサイディングと呼ばれる新建材の
商品になります。セメントと木質繊維等の
組み合わせで出来ています
″窯業系サイディング″になります。

窯業系と金属系がありどちらにも特色が
ありますが、着目したいのが…
″継ぎ目と窓廻り″です。この部分には
シーリングと呼ばれる防水材が使われます。
経年劣化の状態によっては修繕が必要に
なる部分です。

細かい違いについては別の機会にもう一つの
ブログで説明させてもらいます。

さて写真のような状態が長く続くと
モルタル壁のひび割れと同じで雨水の侵入が
起きてしまい、雨漏りにつながります。

壁の途中では下の基礎付近に、窓付近では
アルミのサッシに付いている木の枠などに
雨水が出てきて雨漏りとなります。
最近の住宅にはこの窯業系サイディングが
多く用いられています。

なぜ多いかはまた別の角度で説明します。

この危険と思われる状態についても
お客様自身が確認ができます。
ひどい状態でも建物の形、屋根の軒の出に
よっては雨があまり掛からない場所もあり
雨漏りが起きないケースもあります。

見て、触ってみるのが良いと思います。
わからなかったら是非聞いてください。
お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ
23-0224までお電話を!
宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 3 =