雨漏りは起きないのか?→不自然な部分について

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!
雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

写真をご覧ください!

きれいに壁の塗装がされていました。
壁材はALC(軽量気泡コンクリート)の壁で
出来ています。

良く見ると青い点線で囲ってある部分に
注目をしてもらうと…何か気づきませんか?
ちょっと違う印象は受けると思います。
ちょっとここまでの事を考えてみると…
何らかの変更や建物の改修が行われた。

そんな感じを受けます。
改修が行われたことに問題はありません!
お客様の要望であったりするわけですから。

さてどんな違和感を感じ使と言うと…
壁は大部分がALC壁なわけです。
この部分は部屋の改造を行った際に
サッシの取り換えを行っている可能性が
考えられます。

サッシの見た目や機能も変わっています。
サッシはそれほど問題はありません。
ただし周辺の壁の補修方法には問題を
秘めている感じです。

おそらく大きくALCの壁を切って解体を
したと感じます。何らかの補強をした後に
仕上げをモルタル塗りにしたと思います。
心配をするのはALC壁とモルタル壁の
境い目部分にあります。

取り合う部分の処理が良いのかが問題に
なります。現状は止水性を保っているのは
塗装の膜になります。
塗膜の撥水性、止水性が無くなってきたら
どうなるでしょうか?

こちらのお客様に聞いたわけではありませんが
雨漏りが起きていたかもしれないのです。
非常に怖い事です。入った雨水がどの部分を
伝わりどの場所で排出が出来るのか?
そこまで考えて行かないと雨漏りは
止められません!

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます


23-0224までお電話を!
宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + six =