ビス1本からでも雨漏りが起きます。屋根の塗装の際は確認を!

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!
雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

当社が雨漏り調査、修理を行いました企業様より
雨漏りが起きたとの連絡が入ってきました。
修理を行った部分でなかったのには安心は
しましたが…他の場所からでした。

この屋根につきましては太陽光のパネルを
設置するにあたり、折板屋根に遮熱の塗料を
施してありました。その為に見落とした場所に
なりますが、今後塗装を行う際には気を付けて
もらいたい事でもあります。

写真をご覧ください。


今回はビスからの漏水になります。
このビスは屋根と壁の間に取りついています
雨仕舞を行います“水切り“を取り付けている
ビスになります。良く見ると侵入した雨水は
ビスの螺旋(らせん)を通して流れ落ちている
為にビスのさびが先端まで起きています。

修理にはビスを外して、新たに止水性の高い
パッキン付きのビスをシーリングと併用で
修理を行いましたので完了いたしました。

今後、気を付けて行きたい事はビスや釘などは
塗装を行う前に点検し補修を行った上で塗装を
行う事が良いと思います。塗装を行ってしまうと
塗り込んでしまい、一旦止水はされるものの
雨漏りが起こり始めると気づきにくい。

塗装業の方々にも今回の事はご理解を頂きたい
と思いますのでよろしくお願いします。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

23-0224までお電話を!
Googleマップでも雨漏り110番飯田店の
紹介がされています。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(FB、twitter、Google+)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two − 1 =