雨漏りではない!?手入れの必要性!手入れが必要な商品。

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

雨漏りは建物の造りや建物の表面に使って
います仕上げ材や使っています部材、施工
方法によって起きます。また、建ててからの
経年劣化でも起きてしまいますが、お客様自身が
早く気付き手当てをすれば雨漏りを最小限に
する事も可能です。

その為に必要な事を解説して行くブログでも
あります。

当社と縁のありますお客様からの問い合わせが
ありまして、電話を頂きましたがその内容に
誤差や誤解があってはいけないと思い
向かいました。

今回の案件はこちらのエクステリアの雨といの
件になります。
“雨といから雨漏りしている!”と言うお客様の
一報ですが…誤解されやすい案件です。
本来我々がする類の施工ではありません。

エクステリア商品は連棟やコーナー等に
対応が出来ていますが、雨といだけ見ると
水平に作られている為に水はたまれば
流れ落ちます。連棟の場合は柱ごとに
竪といを取り付ければ問題はありませんが
コスト面では逆になってしまいます。

次の写真をご覧下さい。

継ぎ目の部分ですが、外側は化粧で見える
ので一見良いように感じると思いますが
内側はシーリングが盛られている状態。
あまりもった状態ではある程度水嵩が
増さないと流れません!

次の写真をご覧下さい。

排水部分の穴ですが…
これでいいのか?と感じます。
責任ある施工とはこのような事かと
疑ってしまいます。
この穴がふさがれば水嵩が増して
雨といの機能を果たす事が出来ない
と思います。

逆にこれを雨漏りと勘違いされると
困ります。
今回はお客様には定期的に掃除をするように
頼んでおきました。
とりあえず今回の件については我が社の
責任は果たしておきました。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

23-0224までお電話を!
Googleマップ検索、Googleマイビジネスでも
雨漏り110番飯田店の紹介がされています。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

 

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(FB、twitter、Google+)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + 19 =