塗装が出来ない屋根は…

 

 

 

 

 

当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。

製品の特性を知り、状態を把握した上で最善を選択

宮下板金のブログでも紹介をしましたが、
化粧スレートの屋根で塗装が不可の屋根材として
ニチハ製の”パミール“と言う製品がありました。
現在は製品としては流通はしておりません。

 

 

 

 

 

 

しかし、お客様の屋根に葺かれている状態は
続いています。大きなクレームになっていない
状態から既に大きなクレームになっているものと
知らない状態が続いています。

どのような製品かについては正直見てすぐに
わかるものではないと考えます。
出来ましたら専門業者に見てもらい判断を
仰いでもらう事をお勧めします。

もし確認が出来る方であれば下に画像を
添付しておきますので確認をお願いします。
状態がかなり悪い状態に関しては下の
写真を参考にしてください。
ここまでの状態となると塗装は不可に
なります。

また当店がお勧めします情報が載りました
ブログがありますので紹介をいたします。
是非参考にしてください。

(株)神清
【ニチハ】パミール屋根のメンテナンス方法とは? 
今度こそ、安心・高耐久な屋根にリフォームを!

無理に塗装をすれば雨漏りにつながる

ブログを見て頂けましたでしょうか

説明にあった様に塗装をした場合の危険性が
書かれていたと思います。

選択としては既存を撤去して屋根を葺き直す。
又はアスファルトシングル系の屋根を葺く
事が最善とされています。

ですから塗装は避けて下さい。
塗装を勧められたら断る理由をお客様自ら
申し出て下さい。

それが大事な事になります。
塗装すれば一時的にはきれいにはなりまが
雨漏りが起きてしまったら費用は大きく
膨らむと考えて下さい。

参考にこちらのブログを見て下さい。

この屋根は今後どうしたら良いのか?

雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

最近の建物での雨漏りの現状は
どうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、
原因や予防策を詳しく解説する中で、
お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、
雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場に
したいと考えます。

危険個所画像①、②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 7 =