土間に侵入してきた雨水の原因は…

 

 

 

 

 

当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。

施工のミスから起きた雨漏り

以前、あるお客様より写真が送られてきまして
雨漏りの原因についてのアドバイスを求められ
ました。その事について今回は詳しく書いて
行きたいと思います。

室内側に侵入してきた雨水はどこから来たものか?

 

 

 

 

 

 

それは壁と土間との境目になる部分になります。
写真ではシーリングを施している部分に
当たります。

 

 

 

 

 

 

ここまでシーリングをすれば雨水も止まると
考えますが、止まらない理由はシーリングの
施工の仕方にもありますので後ほど解説を
します。

さて今回施工上で大きなミスが起きているのが
壁を貼る前に取付けます水切りがない事です。

 

 

 

 

 

雨が降った場合、壁に伝わって落ちる雨水と
基礎部分に落ちる雨水が壁と基礎の隙間から
室内側に流れ入ってきます。
水切りは壁や基礎に掛かる雨水を流れ落とす
役割がありますので、最初からない事は
通常ありえない事になります。

雨漏りを止めるには正規の方法を取り改善を図る

さて、原因がわかったらこの先どのように
して行くかについては、最善な方法は既存の壁を
一旦剥がして、最下部に水切りを取り付けて
再度壁を貼って行きます。

これが完了すると雨水侵入が無くなり安心して
使う事が出来ると考えます。

さて、先ほど書きましたがシーリングの施工ですが
カートリッジから出たシーリング材は密着した
状態になっていない為に、ヘラでしっかりと均し
密着をさせます。

 

 

この状態で隙間が埋まるる事になり防水性が
上がります。

雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

最近の建物での雨漏りの現状は
どうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、
原因や予防策を詳しく解説する中で、
お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、
雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場に
したいと考えます。

危険個所画像①、②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − fifteen =