モルタル壁に流れている雨水跡はどこから来るのか?

新規のお客様、当社のWEBサイトをを検索して
定期的に更新をしているブログを見に来て頂き
ありがとうございます。
定期的にご覧いただいていますお客様、いつも
ブログを見て頂きましてありがとうございます。


屋根下なのになぜ壁に雨水の跡があるのか?

写真をご覧ください。

画像に解説を加えてありますが、庇屋根が
モルタル壁に当たり納まっている部分に
起きている現象ですが、なぜこのような事に
なっているのか?

庇上には屋根があり、軒天井が見えます。
しかし、上の屋根より庇の屋根の方が
少し出ている為に一部には雨掛かりが
起きています。

次の写真をご覧ください。

しかし、それほど多く雨掛かりが起きて
要るとも考えにくいと思いますが、現状では
壁側には大きく雨水の流れている跡が
確認できます。
また、屋根の下地(広小舞、垂木)にも
雨染みの影響が確認できます。

このような状況になった原因は屋根の下地と
屋根の施工に問題があると考えます。

屋根の仕上げや下地にその跡が確認できるのは
水平を保っていない状態から雨水が壁側に
伝わり流れて行く状態が考えられます。


屋根や下地の工夫で無くす事ができる

下地の影響は大きいと考えますが、屋根の
施工の段階で手を加えて壁への雨水の
伝わりを止める事が出来ないのか?

部位によって解説をして行きます。
①屋根の軒先役物の唐草の下がり(見切)の
 寸法の調整をする。木部に触れない寸法を
 決めて施工する。

②屋根の先端部のアダ折に切込みを入れて
 雨水の伝わりを切る。

③軒先の唐草の下端のアダ折を壁際手前で
 切り、雨水の伝わりを止める。

④庇の木下地の壁の仕上がりに関わる部分を
 見越す形で切込み等を入れる。

施工を工夫する中で、雨水の伝わりを防止し
壁まで雨水が来るような事を減らす事は
施工者としての技量によると考えます。
それによって雨漏り等のリスクは回避出来ると
考えます。


雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

最近の建物での雨漏りの現状は
     どうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、
原因や予防策を詳しく解説する中で、
お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、
雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場に
したいと考えます。

危険個所画像①、②

最近起きている雨漏りが起きやすい場所

近年起きている新しい雨漏り事例

雨漏り110番飯田店
店長 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行

住所 〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + five =