大きく壁の変化が出始めている

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているブログを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このブログでは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているブログになります。

◎影響が下の階の窓枠につながる雨漏りになる

写真をご覧ください。

2階の窓手摺下に大きな雨水侵入による外壁表面のめくれが確認できます。

表面の状態から確認すると既に雨水の浸入は窯業系サイディングの内側に、また断熱材へも影響が出ていると考えられ、1階の桁付近にまで雨水が浸入している状況が考えられます。

さてこの表面の状態はどの場所から来たのか?

○原因はサッシ周りの防水処置と後付けの手摺

写真をご覧ください。

少し拡大した画像になります。サッシは半外付けサッシに壁は窯業系のサイディングになり、サッシの周りはシーリング材で止水を行っています。

さてここまでは通常の壁の納まりになっています。1階では窓に手摺は必要がありませんが2階部分では転落防止の為に手摺を取り付ける様になりますが、今回の手摺は後付けで壁の表面から脳天打ちでビス止めを行っています。

製品には取り扱う為の説明書や専用のビスや防水テープなどがあるものの、壁材と手すりが密着できていないと、脳天打ちのビスより雨水は侵入する事は考えられ、手摺りを後付けする為に窓の下部分のシーリング材の切れや剥がれが起きるケースが考えられます。

仮に起きたとすると…雨水が浸入して写真の様になると考えられます。修繕する場合には手摺を外し、シーリングを除去し、壁を外し、断熱材まで確認した上で貼り換えて再度戻す工程になります。

かなり気を付けなければいけないケースです。

常に壁の表面の状態に気を配る必要がある

雨漏りは室内側に起きた時に気付くのが普通ではありますが、特に外廻りに起きている状態から早めに疑う事も大事だと考えます。特に最近の建物で使われる建築建材(外装材)はシーリングでの仕上がりや防水を必要としている為に、経年劣化で雨漏りに繋がる部分が多くなっています。劣化の状態はお客様自身が目視や触診で確認が出来ます。詳しくはまた書こうと思います。

□まとめ

シーリングで最終仕上げている部分は外廻りに限らず、室内のあらゆる場所に使われているのは現在の状況かと思います。幅の広い狭いはありますが相当のm数があるかと思います。極力減らす事も大事ではあると思いますが、現在の住宅では難しいのも現状です。ですから維持管理が必要になります。

◇雨漏り診断士からお客様へ

お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このブログでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店 
店長、雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × five =