水切りの見付け(下がり)の寸法は重要となる

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。

◎水切りの見付け(下がり)寸法が少ない事の弊害

写真をご覧ください。

サッシとサッシ下水切り、外壁を写した所になります。

さて今回、台風の様な雨風が強い場合に起きやすい現象が自社の施工したお客様でありました。ただし、原因はその部分には限らないと考えますが原因の一つ一つを潰しながら最終的に原因を追及して行きます。

設計者には寸法のこだわりと言うのがあります。話の中で「出来るだけ薄く」「出来るだけシャープ」とか言われることがあります。今回は「出来るだけ下がりの寸法を小さく」でした。板金工作機械で折り曲げる際、上下にある刃の関係があったりして、最小に折れる寸法は、当社では13~15㎜になります。今回は15㎜で了承を頂きました。

○どのくらいが適正か?寸法以外に考える所は?

次の画像2枚ご覧ください。

寸法(見付け寸法、出幅寸法)は仕上げの見た目に重要な要素になっていますが、一度予想もしていない雨や風により通常では考えられない雨水の動きが起きてしまいます。今回は寸法を小さくした事で起きた事象です。

図のような雨水の伝わりや風により雨水の動きが考えられるとしたら、雨水の浸入も考えられますが、現状検証をするには散水する事や風を起こすことを考えた上で行う必要があります。

現在の住宅には水を切るという考え方が少ないのが現状です。寸法を小さくすることは見た目だけになります。見た目はその時だけの問題になります。長い間で考えると一時的な事に考えをめぐらせても、材料表面の劣化等が進むだけで雨水の伝わり方も変化してきます。例えば鋼板、窯業系サイディングなどの表面の塗膜が新しい時の雨水の流れ方と経年変化した場合での流れ方は違ってきます。

ただし、必ずそうなっているかを検証するには散水が必要となります。あくまで今まで見た経験や知見報告を聞いた事で考えました。

●水切りの見付けの幅を広く取り検証してみる

最後の写真をご覧ください。

今回このような予防策を行ってみました。ある程度風雨で起きる事を想定して取り付けを行いました。ただし、万が一この想定した方法で雨漏りが起きた場合にはそれより上のシーリングやサッシが考えられます。と言うわけで検証待ちになります。

今の住宅で使われています半外サッシは、外壁の取り合いにシーリングや透湿シートに防水テープで貼るなどの処理を行わないと雨水の浸入を防ぎ、排出が出来ないサッシ構造になっています。我々が使います外壁の根本的な雨仕舞(雨水浸入、水切り)を考え直す必要がありそうです。

□まとめ

仕上げが複雑になれば雨水の浸入の状況が変わってきます。細かく見直して行かないと今後の雨漏り対策は出来ないかと考えます。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − two =