モルタル壁のひび割れ(クラック)から起きてしまった雨漏り

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。リフォーム、リノベーションを行う場合であっても雨漏りの浸入となる原因が特定できていないと先には進められません。安易な考えで修理を行ったとしても雨漏りを止めることが出来ない事実も紹介していきます。

◎わずかなひび割れ(クラック)で起きる雨漏り

まずはこちらの画像をご覧ください。

外部サッシと軒天井際から雨水は落ちているのを写した画像になります。直上にはパラペットで囲われた平葺きの屋根と谷樋があります。さらに上の外壁はモルタル塗り仕上げになっております。

雨漏りがどこから起きたかについては基本直上にあたる屋根や谷樋の部分から疑うようになります。確認をしたところ大きな瑕疵にあたるような雨仕舞や取り合いに不具合は見られませんでしたが、基本的な雨仕舞が出来ていなかったことから壁の水切りやパネル取り合いの水切りなどを取り付けまして対応をいたしました。

その際の確認作業の中で気にかかったのはモルタル壁に多くのクラックが確認できたことです。クラックの場所によってはサッシ取り合い等にシーリングの油でモルタルの壁の表面に変色が確認でき、雨水が浸入している様子を確認しました。しかも、過去に起きた雨漏りを補修した跡も多く見られました。その多くがクラックにシリコンで補修していることです。しかしその補修がいずれもパラペットの屋根で届く範囲のみが行われていることです。仮にその上からの浸入だとしたら雨漏りは止まりません。

○長い間悩まされてきた雨漏りを確認する

屋根や谷樋の雨仕舞、モルタル壁に支持されている看板の下地についても雨水浸入を疑い、養生などを試みてみました。雨の降り方(雨量、風)によっては室内側も含めて雨漏りは起きません。しかし、雨量や風が強いと相当量で室内側に雨水が浸入してきます。まだ止まらない状況から、パラペットの屋根の軒天井2か所に穴を開けて、中の様子を確認しました。その画像が次の2枚となります。

狭い中でしたが疑いをかけた部分の状況がうまく写っています。大きく濡れた梁は2階床の桁になります。濡れた部分を追ってみると柱になります。ちょうどこの柱の上を追っていくとサッシとサッシの間になります。

先に書いた通り屋根や谷樋の取り合い、看板の支持下地からの漏水ではないことが判明しました。そこで懸案となっていましたパラペットの屋根よりさらに2m以上高い部分のモルタル壁のクラックや塗り壁とサッシとの境目を確認して補修するように考えました。
確認し補修をしたクラックは次の画像になります。

その後、雨が降りましたが雨水の浸入は大幅に減らすことが出来ました。

⦿この先の修繕方法は…

基本的な考え方として、クラックをどう処置して雨水の浸み込みを防ぐかと雨水が掛かりやすい窓上をどう水切りして雨掛りを変えるかが課題になると思います。大幅に外壁改修を考えても良いと思われるが、費用対効果を考えると塗装でも対応が可能であると思われます。ただし、懸案部分は窓廻り、窓上、パラペットの屋根になりますので、費用等も考えて進めて行こうと考えます。

□まとめ

雨漏りの検証には時間を要します。散水を行うことも早く結論を出す方法としては良いと考えますが、お客様の理解も当然必要になりますので今後の課題となりそうです。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 17 =