モルタル壁に取り合う庇の鋼板屋根の雨仕舞

飯田市、下伊那、長野県の新規のお客様、「住宅、建物、雨漏り、劣化、欠陥、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。
「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。リフォーム、リノベーションを行う場合であっても雨漏りの浸入となる原因が特定できていないと先には進められません。安易な考えで修理を行ったとしても雨漏りを止めることが出来ない事実も紹介していきます。


◎外壁と屋根(庇)が取り合う雨漏りの事例が多いケース

まずはこちらの画像2枚からご覧ください。

住宅に限らずこのような形の仕上がり方はあります。庇や下屋などが外壁に取り合う部分での雨漏り事故は多く上がっています。当店でも実際雨漏りが起きた事例を確認し対処したこともあります。
雨漏りが起きやすい原因として、専門業種の多くが関わる部分になることです。その業者は大工、屋根、外壁(サイディング、左官)、防水(シーリング)が主になります。施工手順にも大きく関わりますが、そもそも相互の関連性について検討をすることなく施工してしまう事に問題があります。現在、瑕疵保険で保険会社が決めたマニュアルがありますが、業者だけが守れば良い事でもないのが実情です。実際には施工業者の管理の元で完成し引き渡される住宅や建物で起きる事故ですので、本来建設業の構造的な問題になるかもしれません。
さて今回雨漏りが起きることが想定される原因について仮説を立てて確認をして行きたいと思います。


○双方に縁切りを行う施工が必要である

次の画像をご覧ください。

画像は先ほどの部分を更に拡大した状態で部材名称を加えてありますので、その画像を使って危険性を解説してみたいと思います。
注意をしたい部分は横葺のハゼ、唐草(軒付)、モルタル壁のクラックになります。モルタル壁のクラックに関しては経年の劣化や建物の揺れ等が起因して起きることでもありますが、注意すべき施工の部分でも最初から関わるところでもあります。まず現状を考えると鋼板屋根とモルタル壁が接する所を注目いただきたいです。


本来、鋼板とモルタルと接する部分には毛細管現象が働くような細い隙間があります。屋根材、唐草がモルタル壁の中に塗り込められているのがわかるかと思いますが、屋根材は壁の中で立上げがされて入れ雨水がそれ以上中に入らないように施工はされていますが、浸入した雨水は先端の唐草の方に向かい、最終的にはモルタル壁の内側に雨水は浸入したままになります。次の画像2枚をご覧ください。

屋根材の立ち上がり加工や唐草、鼻隠しの鋼板巻も壁際で返しの加工を行うものの、伝わって行く雨水を止めることは出来ません。特に屋根部分は雨水が掛かりやすい場所になる為に壁の立ち上がりはモルタル壁より離す形で水切りが出来るように考える為に木下地等を使うことも必要になります。屋根は勾配があり基本的には水上から水下へと流れ落ちますが、風が吹けば横葺のハゼや唐草を伝わり入る可能性も必ずあります。
危険を回避するために施工面の見直しは必要になります。そこに専門業者すべてが関わるようになります。


●定期的な確認を行うことが必要である
 

施工を行ってから定期的に外壁表面や屋根の表面を観察することは常に必要になります。例えば最近気になるのは窯業系サイディングの表面がコケ状(緑色)になることが見られます。非常に稀なケースですが、原因は追究していく必要があると思われます。
 今回のケースも壁のクラックが見られたらクラック幅や深さ、打音等で確認して行くことが必要になると思います。

□まとめ
 室内側に雨漏りが起きてしまう事はお客様にとって非常に大変な事態です。しかし定期的にメンテナンスをすることもお客様自身の管理下で行うことも必要です。原因が不明なことは本来ないと思います。ただし、表からでは確認ができない為に散水や解体で確認することが必要になります。我々専門業者もより知識や経験を用いて不安個所は減らしたいと考えています。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 8 =