雨漏りが進んで影響が表面に出だしている。

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

雨漏りは早く気づき、原因を探し、修理をする
ことで建物を長持ちさせることが出来ます。
そんな雨漏りが起きてします不具合や管理の
仕方等を事例等を紹介しながら解説を
行うブログになります。

営業中に見かけました雨漏り事例です。
※出来るだけ撮影範囲を小さく、建物全体が
わからない様に画像は加工をして
あります。

さてこの状況を見ていただくと雨漏りが
大変色んな場所へ影響を与えているか
わかるかと思います。
侵入口は屋根と壁のタイル仕上げの取り合いに
大きな瑕疵がある状況です。

侵入口には大きなシミが上がっていたり
下に向かって汚れやシミがつながって下りて
いる状況が何年も続いていると感じます。
お客様は気づいているのか?
建築をした会社はどう感じているか?

うかがい知る事は出来ませんが…
早く直していかないと室内にも少なからずも
影響が出てきていると思います。
表面のタイルもいずれはがれる状態に
なるかと思います。

大きな原因の一つには屋根とタイル壁の
雨仕舞の施工方法にあります。
常に雨水を手前で切る事が出来ないと
屋根のつなぎのハゼ、軒先の唐草が
タイル壁の中に入っていると雨水は
伝わり続けます。

なかなか言葉では言いにくいのですが…
いずれにしても早く直して正常な状態に
するのが良いと考えます。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

23-0224までお電話を!
Googleマップでも雨漏り110番飯田店の
紹介がされています。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(FB、twitter、Google+)でも
ご覧になることが出来ます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + 12 =