モルタル壁のクラック(ひび割れ)

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

雨漏りは建物の造りや建物の表面に使って
います仕上げ材や使っています部材、施工
方法によって起きます。また、建ててからの
経年劣化でも起きてしまいますが、お客様自身が
早く気付き手当てをすれば雨漏りを最小限に
する事も可能です。

その為に必要な事を解説して行くブログでも
あります。

 

まずはこの2枚の画像を見て下さい。
矢印で示した部分は〝クラック″と呼ばれる
モルタル壁のひび割れになります。
この状態が何を示していたり、この先どうなって
行くかについて説明をしていきます。

先に結論を言いますと…
“雨漏り”につながります。ただし、クラックも
割れの幅、深さにもよります。画像を見比べると
わかると思います。
私が目にしたこのクラックの状態が
どのくらい前からこの状況であったか!?

このクラックの位置から雨漏りが起きる場所を
考えると窓の下付近の壁、床、床下などが
あります。

クラックですが…なぜ起きるか!?
施工上の問題(下地や塗り)、建物の揺れ
出窓の下地、建物の重さなど…
この部分にはこう言ったクラックの入り方は
良くある事も報告されています。

今回わかってもらいたい部分については
クラックを発見したら早めの相談と処置を
お願いしたいと思います。修理の方法は
当社のWEBサイトブログにて紹介をしたいと
思います。その際、施工上に関しても
紹介して行きます。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

23-0224までお電話を!
Googleマップ検索、Googleマイビジネスでも
雨漏り110番飯田店の紹介がされています。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(FB、twitter、Google+)でも
ご覧になることが出来ます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + four =