目地シーリングの防水性能が落ちてしまうと…

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

雨漏りが起きる原因は経年劣化にて起きるものと
施工面、特に多くの取り合い(仕上がり)で
起きるものや建物に影響を与える雨風等など
原因が一つとは限りません。

現在の建物は瑕疵保証制度の中で施工面で
問題は減っては来ていますが、昔とは違った
建物の考え方により雨漏りが起きる場所も
変化してきています。

出来る限りお客様には早期に雨漏りに
気付いてもらえるようにブログで
事例を細かく分析して発信をして行きます。

写真をご覧ください。

金属製の化粧パネルの目地に打ち仕上げていた
シーリング材が劣化して、止水性を失った
写真になります。

表面にはひび割れが起きて、シーリングを
打った後に均すためのヘラですが、隙間に
入ってしまうくらい防水性能が落ちている
状況を写しています。
ここまで来たらどうなるでしょうか?

雨水が表面を伝わって降りてくると目地部で
雨水が目地内に入ります。入った雨水が
出てくれば問題はありませんが…入った状態が
長く続けば金属パネルが錆びたり、継ぎ目部分から
内部に入る可能性も考えられます。

この状態を回避するには新しいシーリング材を
打ち直し、表面を塗膜保護するのが最良の
考え方です。
塗装まで出来ない場合でもシーリング材の
打ち替えは早急に行うべきです。

窯業系の壁に打っていますシーリング材も
同じ考え方になります。

お読みになって頂き、ありがとうございました。

雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます


23-0224までお電話を!
Googleマップ検索、Googleマイビジネスでも
雨漏り110番飯田店の紹介がされています。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
amamorishindanshi99710224@gmail.com
住所
〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(FB、twitter、Google+)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 2 =