ここまで来ると危険信号!

雨漏り110番飯田店の店長兼雨漏り診断士の宮下です!

当社ほかのブログでも書きましたが、住宅の壁の
仕上がりには”大壁”と”真壁”があります。
雨漏り110番飯田店 真壁 解説

現在は大壁がほとんどになっていると思います。

柱が表しになり、壁を土壁になる仕上がりになると
起きる現象は、経年劣化による柱と土壁の境部分に
隙間が出たりします。建物の向きによっては
その隙間より雨水が浸入して雨漏りの原因となります。

雨漏り110番飯田店2 真壁 雨漏り 雨漏り110番飯田店3 真壁 雨漏り 解説

隙間にコーキング(シーリング)材を使って
埋める処置もありますが、それぞれの素材の特性が
あり、恒久的な方法とは言えません。
ここまでの状況になると影響が出てきます。

雨漏り110番飯田店4 真壁 雨漏り 解説

こちらのお宅では一部屋根を増築され、1階部分の
部屋を改築されましたが…この部分の処置が
済んでいなかったので雨漏りが起きたようです。
改修のお話はいただきましたが、受注には
至りませんでしたが…

この場合の改修の注意点に関しては、こちらの
ブログで書いていきます。

宮下板金工業 飯田下伊那|屋根、壁、雨といなど建物の外廻り専門総合工事業です。

 

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ
23-0224までお電話を!

NPO法人雨漏り診断士協会
雨漏り110番本部
宮下板金工業有限会社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + 20 =