建物を維持管理する上で気を付けていただく部分

雨漏り110番飯田店の店長兼雨漏り診断士の宮下です!

お客様の建物で雨といが見えているものと
雨といが隠れている建物あるかと思います。
また、建物の廻りに木や竹などがある場所…

今回おじゃましました建物は店舗で、店舗の天井から
雨漏りが起きたようで、調査の依頼が来ました。
さてこのようなケースの雨漏りですが…
今までの経験から考えると「落とし口のつまり」が
すぐ考えられました。

今は現地に行く前にグーグルマップで現地の
状況を見ると現地に行くための道具が用意できます。

雨漏り 雨とい 雨シミ 軒天

早速屋根に昇り雨とい(谷樋)の内部を確認すると
とい自体は勾配が取れているので全体的には問題が
ないのですが…落とし口(排水口)にはごみと泥が
付着していて雨水の排水を妨げています。

雨漏り 落とし口(排水口) ゴミ 雨漏り 落とし口(排水口) ゴミ

近年、ゲリラ豪雨がありますが、こんな時には
大変なことになります。排水が出来ない状況になると
雨といの中に水が溜まり、雨水が外へ流れ出て
雨漏りにつながります。

雨漏り 落とし口(排水口) ゴミ

この状況はゴミ掃除を行い、水道水を上げて
しっかりと水洗いを行い対処しました。
これで一旦の機能は果たせるようになります。
今後の対策については別のブログで詳しく
図解で説明します。

宮下板金工業 飯田下伊那|屋根、壁、雨といなど建物の外廻り専門総合工事業です。

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ
23-0224までお電話を!

NPO法人雨漏り診断士協会
雨漏り110番本部
宮下板金工業有限会社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − one =