雨漏りの予兆は…外廻りから気づく事

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

雨漏りは最後に確認ができる部分は…
天井、床と壁との境、サッシの枠、電気
空調配管などが内側で確認ができる
大まかな場所になります。

さて中で確認が出来る状態とはどういった
事になるのかについて説明をしたいと
思います。外側に当たる部分ですが
どういった所になるのかと言えば…

屋根、壁、サッシ、壁のつなぎ目
サッシの廻りや他の部分との取り合いに
処理してありますコーキング、中から
外につながっている電気の器具や
設備の配管などがあります。

ほぼ目視で確認ができる部分ではありますが
ちょっと分かりずらい物もあります。
屋根と壁が隣り合わせのところや
ルーフベランダの手すりと壁の境…など

ちょっとあげるときりがありませんが
かなり気をつかい施工はされている部分ですが
それもある時点から厳しくはなっています。
それは瑕疵保証を10年間行うような
住宅が建ち始めてからになります。

以前のものや住宅でないものは対象になって
いないのでお気を付け下さい。
この事についても写真で部分的に説明して
行きます。
雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ

23-0224までお電話を!

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × five =