雨漏りが引き起こす壁の塗装の剥がれ

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!
雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

ちょっと見かけました雨漏りの事例です!
お客様は気づいているでしょうか?
なぜこんなになってしまった事に…

外壁の塗装がある部分だけ剥がれて
しまっています。
写真を見てください!

屋根 先端 雨漏り 壁 塗装 はがれ
雨漏りによってかなりひどい状態が
見て取れると思います。

さて原因は上の方にあると思います。
今回の外壁の塗装の剥がれの基になっているのは
外壁と屋根の取り合いにあります。
写真を見てください。

屋根 先端 雨漏り 壁 塗装 はがれ

まずは①の部分ですが、屋根材が壁の中に
入り込んでいます。屋根には勾配(傾斜)が
付いているので素直には雨水は流れて雨樋に
入りますが、ごく稀に風により屋根のつなぎ
部分(ハゼ)を伝わり、壁の中に雨水が
侵入します。雨漏りが起きるわけです!

次に②の部分です。この部分はシーリング処理が
施されていますが、現状を見るに良い状態では
ないようです。
途中のシーリングが切れています。
切れた所からは壁にかかった雨水が流れて、

切れた所より雨水が侵入し雨漏りを
引き起こしています。
おそらくこの状態が長く続いたことにより
壁の塗装が剥がれていると考えます。

屋根 先端 雨漏り 壁 塗装 はがれ

この状態は表面だけの問題でなく、
雨漏りを止めないと内部の骨組みや断熱材、
仕上げ材にも大きな影響が出ます。
近年の建物でもこのような場所は雨漏りの原因の
多い場所とされています。

皆さんの家にもこのような場所がありませんか?

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ
23-0224までお電話を!
宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + 1 =