この屋根の雨漏りが考えられるところは…。

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!
雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

宮下板金工業″のブログと関連します
屋根の雨漏り調査についての報告になります。

屋根裏の屋根下地の状態は、かなり酷い
状況になっています。倉庫として使っている
建物ですが、雨漏りが起きている事から
全面を安心して使えない状況ですが…
さて雨漏りはどこから起きているでしょう!

まずこの画像をご覧ください。

〇で示した部分の切込みを見て何か気づく事
ありますか?


この切込みの最終的な処置は、防水材を塗り
穴埋めを行う事と雨が掛からないように
棟板と呼ばれる屋根材の共板を加工した材料を
取り付けます。

が!この屋根はその処置がされていません!

続いてこの画像を見て下さい。(2枚)

〇で示した部分の雨シミはどの部分かというと
屋根上の画像では矢印で示した部分です。
切込みの処置がされていないと、侵入した
雨水はこの部分を通って〇印のところに
シミとして出て来ます。

最後にこの写真を見て下さい。

堆積した落ち葉の下はどのような状態に
なっているのか?
他の分部でも錆が進行している状態で
この落ち葉の下が問題ない状態でないとは
考えにくいです。

以上の事を含め説明させてもらいながら
改修の提案と見積もりをさせてもらっています。
お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます


23-0224までお電話を!
宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 1 =