雨漏り調査方法について②散水調査と可視化

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!
雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

仮説を立てた場所が1か所になる場合や
複数考えられる場合によっては、お客様との
相談により散水の調査を行います。

散水を行わない場合もあり、長期になる事の
理解も頂けばより自然に近い状態の
検証も可能です。
ただしお客様の理解が頂ける場合のみです。

散水調査は仮説を立てた場所への水かけの
作業ですが、水の量、養生等など知識が
ないとできない調査です。外から中からの
確認作業と時間を要します。かなりの確率で
結果を出すことが出来ます。

仮説を立てた場所が、大きく劣化をしている
所への散水は目的と違う事になります。
現実には経年劣化がかなり進んだ状態の
場所への散水はあまり行わない方が良いと
考える時もあります。

散水の他にはサーモグラフィー水分計
用いて可視化をするのも理解をしてもらう為に
必要な部分でもあります。

可視化をして行く事でわかる事や調査が終わった
後の報告書で分かるようにして行く事も
雨漏り診断士が行います一連の業務になります。
特定が完了した時点で修理に関しては
お客様との相談になって行きます。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます


23-0224までお電話を!
Googleマップでも雨漏り110番飯田店の
紹介がされています。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(FB、twitter、Google+)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 − two =