ルーフベランダは取り合いが多く雨漏りの危険性が高い!②

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

雨漏りは早く気づき、原因を探し、修理をする
ことで建物を長持ちさせることが出来ます。
そんな雨漏りが起きてします不具合や管理の
仕方等を事例等を紹介しながら解説を
行うブログになります。

前回に続きまして2回目になります。
ルーフベランダは取り合いが
       多く雨漏りの危険性が高い!
こちらのブログに書きました危険性に関しての
当社の実例を紹介します。

今回はアルミの笠木と壁の取り合いなります。
この案件は既存の建物を増築する際に
起きた施工上のミスになります。

 

ただし、当社が関わるまでに何度も修理を
行ったようですが解決に至らなかった様で
したが、最後に行った養生で止める事が
出来ましたが、なぜ止まったかについては
原因を探る中でわかりました。

原因がわかれば対応は可能ですが、新築で
あってもこの部分は常に危険な場所には
変わりません。

防水シートや部材を2重3重に行っても
雨水は入りやすい部分には変わらないという
事です。シーリングはいくら充填しても
切れやり痩せたりする事は経年の劣化で
起きてしまうものです。

お客様には出来るだけ事例に出した部分は
施工者側に良く確認するか、回避が出来るなら
出来る限り避けてもらう事をおすすめしたいと
思います。
お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます


23-0224までお電話を!
Googleマップでも雨漏り110番飯田店の
紹介がされています。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(FB、twitter、Google+)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + eight =