雨漏りはつながっている。原因はすぐ近くでない場合がある。

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

雨漏りは早く気づき、原因を探し、修理をする
ことで建物を長持ちさせることが出来ます。
そんな雨漏りが起きてします不具合や管理の
仕方等を事例等を紹介しながら解説を
行うブログになります。

屋根の上から伝わって降りてくる雨漏りですが
直上からくるものと考えるのが素直だと
思う時がありますが…雨漏りは場合によっては
伝わりつながって落ちてくることもあります。

多いケースは壁の継ぎ目やサッシ開口廻り。
最近ではシーリングを使い防水処置を
行うのが現在の施工的な決まりごとに
なっているのが現状です。

表面をパッと見ただけではわからない!
触ってみたり道具を使うなどして状態を
確認して行かないとわからないものです。
また近くの仕上げの表面の状態にも
雨漏りの状態が残っています。

水を吸い上げたリすると錆びたりコケが
生えたり塗膜がはがれたりします。
今回は窓上のシーリングが切れた事で
室内の窓枠、壁紙に雨漏りによる影響が
見られます。

その上屋根下まで雨漏りが起きている!

お客様には屋根上に足場を立てて
シーリングの打ち替えを提案しました。
それ以外の部分には雨漏りにつながる
瑕疵が見られませんでした。

ただし、以前かかわった業者が使用しました
シーリングの成分が違うので、除去をして
打ち替えとなる部分も説明をしておきました。

 

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

23-0224までお電話を!
Googleマップでも雨漏り110番飯田店の
紹介がされています。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(FB、twitter、Google+)でも
ご覧になることが出来ます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 2 =