半外サッシでの壁材の取り合いは危険!

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

1.雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

雨漏りが起きる原因は経年劣化にて起きるものと
施工面、特に多くの取り合い(仕上がり)で
起きるものや建物に影響を与える雨風等など
原因が一つとは限りません。

2.最近の建物での雨漏りの現状

今は「住宅瑕疵保責任保険」の設計施工基準を
基に施工上の問題は減っては来ていますが、
昔とは違った建物の考え方により雨漏りが起きる
場所も変化してきています。

3.雨漏り110番飯田店、雨漏り診断士が行う仕事

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく解説して
お客様にわかってもらい、雨漏りから住宅や
建物を守る為の知識の場にしたいと思います。

4.いまだに続いているこの工法では雨漏りは
     防ぐことは出来ないかも!?

サッシは外付け、内付け、半外また住宅用、
ビル用、仕上げ材によって選び取り付けます。
主に今の住宅では住宅用の半外サッシが
主流になっています。

瑕疵保証制度の中では入った雨水が室内側に
入った場合に、そのさらに内側に入らない様に
透湿シートとサッシ周りの防水テープで
雨水侵入がしないようにする事を決めて
います。

ただし、手前の止水はシーリングで行って
いるのが現状です!
写真2枚を見て下さい。若干違いはありますが
ほぼ似た納め方をしています。

 

サッシ4面のの中で上に当たる部分は雨水が
最も入りやすい部位です。また入った雨水は
穴を通して排出はされますが、隅の部分は
雨水が入っていまう方法になっています。

 

もう少しこの部分は考えなくてはいけない個所
ではあります。メーカー、設計者、施工者は
この方法に疑問を持たないのか?

基本サッシであっても雨漏りは起きます!

出来るだけ雨水の流れをコントロール出来る
様な施工の考えはもちたいです。
だから雨水の動きは知る必要があります。

※今回”雨水“と言う良い方を使っていますが
読み方は”うすい“と読むようにお願いします。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いします。

5.雨漏り110番飯田店が大事にしている事

雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。

ですから…
雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

23-0224までお電話を!
またはお問合せボタンをクリックして下さい。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
E-mail  amamorishindanshi99710224@gmail.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + nineteen =