増改築で開口部を設ける場合に気を遣う事

当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。

飯田下伊那で「雨漏り110番飯田店」の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

1.雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

雨漏りが起きる原因は経年劣化にて起きるものと
施工面、特に複数の取り合い(仕上がり)で
起きるもの、まだ技術の追及が途中の場所、
建物に影響を与える雨風等など原因が
一つとは限りません。

2.最近の建物での雨漏りの現状

今の新築の建物は「住宅瑕疵保責任保険」の
設計施工基準を基に施工を行う事で
雨漏りの問題は減っては来ていますが、
昔とは違った建物の考え方により雨漏りが
起きる場所も変化してきています。

3.雨漏り診断士からお客様へ

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく解説して
お客様に知ってもらい、雨漏りから住宅や
建物を守る為の知識の場にしたいと思います。

4.開口部廻りの雨仕舞、シーリング処理の
     方法をきちんと検討する。

室内側に雨漏りが起きた現状ですが
窓の木枠に雨水が侵入してきています。
↓写真をご覧ください。

さて、外側より建物を見たところで
気付く事がありますが、それはこのサッシ
開口が後付けで取り付けられたもので
あることです。
↓写真をご覧ください。

後付けを行う過程で重要な事は
下記の点です。
①既存の壁の造りを確認する
②開口部を取り付ける位置
③外壁の仕上げ材料
④窓廻りの納め方

このような事を考えると次のような
納め方は無くなると考えます。
↓写真をご覧ください。

さて最後に雨漏りにつながる事が
一点あります。
写真をご覧ください。

このエアコンの冷媒管の貫通部の
処置も雨掛かりの多い場所である事から
写真の様な雨仕舞では経年劣化で
雨漏りが起きる様になります。

今回の雨漏りは、増改築を行う際の
納まり等の検討不十分から起きた
事案となります。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いします。

ですから…
雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます


23-0224までお電話を!
またはお問合せボタンをクリックして下さい。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
E-mail  amamorishindanshi99710224@gmail.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =