経年劣化が進めば雨水侵入し雨漏りにつながる

当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。

雨漏りの原因には経年劣化も含まれる

写真を2枚ご覧ください。

アルミサッシと壁(鋼板製の角波)の部分を
撮ったものになります。

写真を良く見てもらいたい部分は、シーリングの
表面の状態になりますが、色の状態や表面の
ひび割れの状態です。

ひび割れが起きているのはシーリングの材料が
紫外線、風雨等の影響で固くなった事で
割れたり切れたりしている状態を示しています。

特に風雨を受けるサッシや壁は取り合いが
多い状況の中で出来ている事から少しの
傷みでも雨水の侵入を起こしてしまうのが
通常の考えになっております。


シーリングの多用はリスクが高い。維持管理にはご注意を

現在の建築では多くの場所、取り合いに
シーリングを用いています。

防水としての役割を持つものから、意匠として
使うものなど多用されていますが、使う場所や
維持管理に関して業者に確認を取る事も
大切と考えます。

正しい知識を持つ事もお客様自身が管理を
行う上で必要な事はわかっていただきたいと
思います。


雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

最近の建物での雨漏りの現状は
     どうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、
原因や予防策を詳しく解説する中で、
お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、
雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場に
したいと考えます。

危険個所画像①、②

        

       

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 17 =