モルタル壁のクラック(ひび割れ)で注意する事

当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。

壁に入った大きなクラックは雨水侵入の場所

まずは写真をご覧ください。

屋根と壁の取り合いを写した写真になります。

続いてこちらの写真をご覧ください。

先ほどの写真を少し拡大したものに
なります。
注目をしてもらいたいのがモルタル壁に
入ったクラック(ひび割れ)になります。

壁に出ているクラックですが2種類あります。
伸縮目地用のクラックは意図的にクラックを
起こす為に施工時に設ける誘発目地に
なります。

もう一つは予定外に起きたクラックに
なります。

さてそのクラックですが、両方とも雨漏りに
繋がるクラックになります。クラックには
ひび割れの幅と深さが関係しています。

雨水の侵入を止めないと雨漏りにつながる

壁にクラックが入る事は経年変化による
ものとして考えてもらいたい訳ですが
クラックを放置してはいけません。

雨は屋根ばかりでなく壁にも掛かる事は
おわかりだと思いますが、クラックの
幅や深さによっては室内側に伝わり入る
事があります。

入った雨水がきちんとした形で抜ける事が
出来たとすれば問題ありません。

現在の瑕疵保証工事であれば比較的問題が
無いと考えますが、昔の施工では危険が
増してしまうので一旦はシール材等で
補修する方が良いと考えます。


雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

最近の建物での雨漏りの現状は
     どうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、
原因や予防策を詳しく解説する中で、
お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、
雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場に
したいと考えます。

危険個所画像①、②

        画像②

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × one =