手すり付笠木で注意すべき点は…

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているブログを見に来て頂きありがとうございます。定期的にご覧いただいていますお客様、いつもブログを見て頂きましてありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このブログでは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているブログになります。さて今回は下記のテーマで雨漏りの事について書いて行きます。

◎手すりの柱廻りで雨漏りは起きる

まずは写真2枚をご覧ください。

写真は手すり付笠木の柱部分を拡大したものになりますが、柱廻りのシーリングが劣化により切れている事がわかるかと思います。シーリングが切れているとどのようになるかが話の中心になります。さて今回の場合はどうなるか?結論は「雨漏り」になります。実際に水をその部分に掛けてみると壁の内外に雨水が垂れる状態が確認できました。

現在住宅に多く用いられていますルーフベランダですが、ベランダの壁の高さや意匠的な考え方で笠木が取り付く場合と手すり付笠木が付く場合と分かれます。

今回見かけました手すり付笠木は外壁の仕上げが内外一緒である事から、室内に雨漏りが起きるような状況にならない。ただし住宅となると柱、間柱、断熱材がある上に壁も内外側にある事から、現在では笠木の下地天端にはかなり気を遣う施工になっています。

雨水の侵入をさせない事、通気をさせた空気の排出が出来る事が今の手すり付笠木、笠木には求められています。そんな事から特に手すりの付いた笠木には製品的な性能、止水性を求められています。

○お客様が目視で確認が取れる場所

手すり付笠木や笠木はお客様自身が目視できる高さになっています。手すり付笠木で確認する場所は笠木と柱廻りになります。シーリング材を使う場合や止水のパッキンを使う場合があるので目視で確認する事をお勧めします。現在は瑕疵保証制度での施工の位置づけから侵入した雨水が室内に入る事がない様にしてはあります。ただし、確認をする事は是非お客様自身が行えるので続けてもらいたいと思います。

□まとめ

製品は年々改良される事や施工面での工夫がされる事で雨漏りにつながる事故等は減っては来ているものの、すべてではありません。そもそも笠木のみでしたら雨漏りの心配がないものの、手すりが付く事で笠木を貫通させる柱がある事で雨水侵入のリスクは増えます。当然意匠重視の考えは危険が高い訳です。

◇雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きるのはなぜか?最近の建物での雨漏りの現状はどうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為にこのブログでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

危険個所画像①、②

雨漏り110番飯田店 店長、雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1 営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 14 =