雨水が浸入している状況がわかる。更に確認をすると…

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているブログを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このブログでは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているブログになります。

◎こちらのALC壁はどのくらい雨水が浸入しているか?

まずはこちらの画像をご覧ください。

壁はALC壁になっており、天端には鋼板製の笠木が取り付いています。笠木とALC壁の取り合いはシーリング材を充填する形での防水処理となっております。さて今回注目する点は〇印をした部分になります。こちらの部分のALC壁の表面には明らかに何かが起きていると考えられます。

ALC壁の特徴として版間のシーリング、サッシ廻りのシーリングは注意して行かなくてはいけません。また今回の様にALC壁の天端に取り付いている笠木の取り合いにもシーリング処理がされている事からシーリングの劣化により雨漏りに繋がると考えます。

○雨水の浸入口はこちらになります

こちらの画像をご覧ください。

先ほどの画像で、〇印で示した部分を拡大したものになります。ALC壁の版間、笠木とALC壁の取り合い、笠木の継ぎ目部分のシーリングの状態が一目でわかると思います。ALC壁の版間はシーリングの施工後に塗装を行う為に、経年劣化でシーリング材の割れや痩せることは起きるものの、今回の雨漏りにはまだつながる状況にはありません。しかし、笠木とALC壁との取り合いと笠木のつなぎ目のシーリングには大きな劣化が見られます。

画像を確認してもらうとわかると思いますが、既にシーリングは劣化してしまい、雨水浸入を繰り返している状態が長く続いています。さらに言えば浸入した雨水がどのような経路で流れているのか?外壁側に流れ落ちるのか?または屋根側に落ちるのか?

画像は外壁側から撮影した為に屋根側の状態はわかりかねます。笠木から入った雨水がALC壁の天端を流れて行った場合には版間部のモルタルを詰めた部分に入ることや屋根の雨仕舞の内側にも入ることが考えられます。

雨漏りが起きていても気にならない

あくまでもこのような形でお客様に対して解説するのは…

早く雨漏りしている事に気付いてもらう事です。今現在の状態で雨漏りが起きていないとしても、先行きには更にひどい状態が続く中で雨漏りに繋がると考えます。

□まとめ

表面に起きている状態がどこから起きているかを早く知ることは雨漏りから回避する事や長く建物を維持して行く為に必要な事だろうと考えます。雨漏りに繋がるのは施工、材料、異種との取り合いなど…今やお客様自身が確認する場所は多くなってきています。施工者側も今までのような施工では長く維持が出来ない状態になっている事もあるかと思います。

◇雨漏り診断士からお客様へ

お客様の疑問!「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このブログでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店 
店長、雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1 
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − 3 =