外壁面にある意匠的なものへ伝わり流れ落ちる雨水

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。

◎外壁面にある突起物(意匠的な仕上げ)を確認する

まずは画像をご覧ください。

店舗入り口の柱部分、軒天井部分を写したものになりますが、意匠を魅せる為に外壁面や柱部分には石やデザイン性のあるものが取付けてあります。意匠性である事から店舗全体の意匠イメージを考えてのことだとかんがえます。

しかし、この意匠が雨漏りに繋がる事を理解いただきたいと考えます。その状況がどの部分に現れるかといえば…

次の画像のような形になります。

下がり壁の下端に雨水が何度も伝わった事やほこりや汚れ等も一緒に流れ落ちてくる事で外壁に汚れとして残ってきています。

○外壁面に伝わり流れ落ちる雨水の汚れ方の先をみる

雨水が常に伝わる状況で、その先にある部材等にも大きな影響が続く様になっています。部材(石、モール(化粧)部材)は外壁の塗り壁と取り合う形で施工がされている為に

当然のことながら部材同士が密着している訳でなく、多少の隙間等がある為にその隙間より雨水は少しずつ浸入している事が考えられます。

こちらの画像のモール部材の表面を確認すると汚れが付いている状態が長く続いている事がわかると思いますが、塗り壁との隙間の状態までは確認が出来ませんが、決して良い状態だとは考えません。

●外壁には突起物がない方が良い。ただし水切りが出来れば良い

屋根、外壁、サッシでも同じですが、外壁面を伝わる雨水を水切りする事は必要な事です。特に屋根は雨水を切る考えを重視しています。雨水がその場所に溜まる事を防ぎ、鋼板を長く維持して行くことを常に考えています。さて、外壁に関しては仕上げとなる材料や素材、工法により雨水が留まりやすくなります。また外壁には開口部、設備、電気などの機器類も取り付く事からより雨水を早く流し落とす事が必要になります。

柱廻りに取付いているモール部材の出隅を確認してもらうと、隙間が確認できると思います。この部分より雨水が浸入すると部材自体の劣化につながります。状態に気付いた時点での修理をして行けば大きな影響には至らないと考えます。例えばモール部材の天端に鋼板の水切りが付くと…

水切りは雨水を切ると同時に汚れが付かないようにする役割もあります。今回のような場合では、石貼りやモール部材を取付ける事はリスクが高いので避ける様にお客様に理解いただく事も必要です。

□まとめ

お客様自身が確認できることとして、外壁のサッシ開口部、設備器具、電気器具等の突起物付近の汚れ状態を常に確認しておいてもらうことが良いと考えます。そんな事例があればコラムで書いて行こうと思います。また、その状態から雨漏りに繋がる事例も紹介していきます。

◇雨漏り診断士からお客様へ

お客様の疑問!

「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店 
店長、雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1 
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 18 =