解体後あらわになったALC版の処理が行わなければ雨漏り

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。リフォーム、リノベーションを行う場合であっても雨漏りの浸入となる原因が特定できていないと先には進められません。安易な考えで修理を行ったとしても雨漏りを止めることが出来ない事実も紹介していきます。

◎解体後のALC版間の状態、取り付け金具の状態

写真をご覧くさい。

ALC版の壁を写したものになります。おそらく見られた方は違和感を持たれると思います。その理由は次の写真で説明を画像に加えておいたのでわかると思います。

実はお隣に隣接する建物があった事で壁の通常行われる仕上げまでできない状態が続いていましたがお隣の建物を解体したことでこの状況があらわになったわけです。ただし、この状態を放置してはいけない事について解説をして行きますが、まずは版間の状態ALC版の表面の状態を理解いただかないとこの先どうなってしまうのか…。

○この状態を放置しておく事は雨漏りが起きてしまう

通常ALC版はどういった形で維持管理していかないと行けないのでしょうか?

結論を言えば…

①版間にシーリングが施されていない
②表面に塗装がされていない
③版を止めている金物が露出している

隣家が解体される前まではお隣の屋根や壁があった事で、雨掛かりや紫外線が当たらない状況であった事で壁の傷みもなかったのが現実です。さて解体された事で、先に説明をした通り雨掛かり、紫外線が壁に当たる様になります。

版間のシーリングがされていない状態は隙間より雨水が侵入する事や塗装がされていない事でALC版が雨水を吸水しやすい状況になる事で、ALCの素材強度や版の芯に入っている補強の為のワイヤーメッシュがさびてきます。

さびが進行していくと内部膨張が起きて破裂する事態にもなる事も予想されます。

お客様自身が現状に気づき直す様にお考えになる場合には、塗装をする方法か既存の壁にカバー工法で覆う事も施工可能になると思います。カバー工法に関しては下地とALC版の厚みにより可能になってきます。

□まとめ

この様な状態が長く続いていれば、必ず室内側に影響が出ています。版間だけシーリングをしたところで維持はできません。版表面には吸水を防ぐための塗膜が必要になります。このことをお客様に理解してもらうようにしないといけないと考えます。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + seventeen =