雨漏り調査の依頼から修理まで①

雨漏り110番飯田店の店長兼雨漏り診断士の宮下です!
東京のお客様より調査依頼のメールが入ってきました。
ただし、地元のお客様で現在お住まいが東京の方で
実家の建物で雨漏りが起きたのを帰省されたときに
気づかれたようでした。

一方を頂きまして事情を確認した上で現地を確認しに
向かいました!
雨漏り 畳 シミ 雨漏り 天井 シミ

雨漏りが起きた場所と原因と思われる場所を目視にて
確認をして、写真を撮りましてメールにてお客様との
やり取りが始まりました。
やり取りについては電話やメール、画像での解説を
しながら理解を頂きました。

今回の事案は次の通りです。
1.ルーフベランダの防水の劣化
2.ベランダの出入り口の掃き出し窓の高さ
3.ベランダの境の壁と板金の笠木の取り合い
一応このような事が考えられます。
防水 劣化 雨漏り 防水 劣化 雨漏り

どの部分にも他の業種との関わりがありまして
雨漏りが起きやすい場所になっています。
一度概算にて見積もりをしまして、お客様の
意思を確認いたしました。

費用は掛かりますが、維持をして行く為に
修理の決断を頂きました。今回は当社の担当が
雨漏り調査全般と修理に対する現場管理に
なります。

これから数回に分けてこの事案について書いて
行く予定です。

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ

23-0224までお電話を!

NPO法人雨漏り診断士協会
雨漏り110番本部
宮下板金工業有限会社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − five =