この屋根について

雨漏り110番飯田店の店長兼雨漏り診断士の宮下です!
前回書きました屋根ですが、最終的には下地に
合板を使い、防水紙を敷いて金属屋根で葺き直し
雨漏りを止めることが出来ました。

さてこちらの屋根材、通称コロニアルは基本的には
屋根の材料を一枚一枚重ねて葺いていきます。
(画像参照)

コロニアル 屋根 葺き方
製品についてはいろいろあります。(画像参照)

コロニアル 屋根 種類コロニアル 屋根 種類

重ねは雨水が隙間より侵入しない為の工夫や
重ね巾が考えられています。つなぎの部分も
雨水が入っても水が抜けて出ていく構造に
製品は作られています。
ただし間違った補修や塗装を行うと雨漏りが起きます。

屋根を葺くための下地や構造も基本的には
画像のようになっています。雨漏りが起きても
すぐに天井にはシミが出ませんが、少しずつ傷みが
進行していきます。進行が進めば屋根に昇るにも
かなり気を遣う状況になります。

コロニアル 屋根 構造

さて、この先ですが一番は屋根の色が薄くなって
来たら塗装を行います。その時の注意点も含めて
次回は書いてみようと思います。

PS:このブログと同時進行で建物の外廻りについて
書いています宮下板金のブログがありますので
もしよかったらのぞいてみてください。

宮下板金工業 飯田下伊那|屋根、壁、雨といなど建物の外廻り専門総合工事業です。

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ
23-0224までお電話を!

NPO法人雨漏り診断士協会
雨漏り110番本部
宮下板金工業有限会社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =