タイル壁の雨漏りについて②

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

タイルの壁にクラックが何か所か見つかりましたが
クラックも大きな原因にはなっていますが
以前から雨漏りが起きているものや
他の場所を改修した事により起きた事も
考えられます。

さて、経年劣化で起きている部分ですが
サッシ周りから入った雨水が内側のアルミサッシの
枠に出てきています。
写真をご覧ください。

dscf6598

サッシ 雨漏り シミ 跡

わかりましたか?

よく見ると雨漏りした跡がサッシの枠に残っています。

さて続いて雨といを見て下さい。

雨とい はずれ
気づきましたか?
はずれている事に…はずれていたら雨水が
どういった状態になり、どういう状況になるのか?
そして、屋根や壁にどういう雨水がかかり
雨漏りにつながるか!

最終的には接続しておきましたので解消しました。

最後に今回の雨漏りに大きく影響したのが
屋根を改修した事で既存との取り合いの雨仕舞が
悪かったことで部屋内に雨漏りが起きました。
よく見るとシーリングが劣化して切れていたり
タイル壁との雨仕舞が出来ていなかったです。

写真をご覧ください。

雨漏り 壁際 コーキング 劣化

雨漏り タイル壁 シーリング 劣化

わかりましたか?

雨漏りはこんなころから起きてしまいます。

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます
雨漏り110番飯田店 ロゴ
23-0224までお電話を!
宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × one =