壁に伝わった雨水を窓に伝わらないようにする。

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!
雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

雨水は壁を伝わり下へ流れ落ちて行きます。
壁を流れ落ちていく途中には窓や庇が
ありますが、特に窓の用途によっては
雨水を避けて通る工夫が必要です。

壁 雨水 流れ方

昔の建物は”霧除け”が付いていました。

今回の工事ではこの窓の上に水切り形状の
庇をつけます。取り付ける前は流れた雨水が
窓を伝わり中へ入ってしまい…雨漏りと
なっていました。取り付ける事によって
雨水の流れを変えます。

霧除け庇 水切り庇

たったこんな事!?でと思う事なんです。
基本な事ですが、屋根に落ちた雨水も
壁に伝わった雨水も素早く排出して行くのが
基本的な考えです。

今回は結果の出やすい仕事でした。
雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

雨漏り110番飯田店 ロゴ
23-0224までお電話を!
宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − six =