どこから雨漏りが起きているのか?所見①

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!
雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

会社にお客様より雨漏りの調査の依頼が
入って来ました。
ずいぶん困った印象を受けましたので
約束しまして伺いました。

現地へ行きお客様から雨漏りが起きている
場所を聞きました。今回は雨漏りが起きている
場所が外部の案件でしたので少し安心しました。
通常の業務に入りましたが、まずはお客様へ
建物に関するヒアリングをして行きます。

改めてお客様にはお持ちの建物について
建ててから現在までの事に関して確認を
して行きます。その中には業者、リフォームや
増改築などが調査には必要になります。
こちらでは外廻りの仕様等を目視て
確認して行きます。

さて今回は、つい1年ほど前に取りつけた
エクステリアの庇で、取り付け後から雨漏りが
始まったとお聞きしました。
通常、後付けで行われる庇では壁際の処理が
どうなっているかが問題になります。

今回は目視で状態を確認が出来ましたが
シーリングの状態はまだ1年程度では問題に
ならないようでした。
この場合は他の部分を疑うようにします。
さて次回は検証作業の続きを説明して行きます。
お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます


23-0224までお電話を!
宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 6 =