せっかく維持する為に行ったことが…将来の心配③

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!
雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

今回の雨漏りが起きる可能性がある急所は
壁の天端に取りついていますアルミ製の
笠木の継ぎ目部分、笠木と壁の隙間に
施工してありますシーリング処理が
問題となってしまいます。

そこで、当社が提案します施工方法は
使用します鋼板製の材質は選択してもらい
ますが、シーリング処理に頼らない方法として
板金製の笠木を取り付ける事をおすすめします。

どのような形になるかは画像をご覧ください。

継ぎ目と笠木と壁の取り合いを大きく工夫
しています。しかも雨水の流れも工夫する事で
壁の汚れや鋼板の傷みについても解消をする
様に考えます。

ただし、建物の規模が大きい場合には予算等の
検討も入ってきます。ただし、雨漏りが起きて
からの内部の修理に比べたらいいと感じます。

鋼板はステンレス、ガルバリウム鋼板、塗装の
良し悪し等で費用も変わってはきますが、
劣化や長期のメンテナンスフリーも可能だと
考えます。

これで3回に渡って書いて来ましたが、
お客様にとって最良の方法や予算等については、
こちらが一方的に勧めるばかりでなく、
お客様の方からの要望も含めて一緒に考えて、
最良の方法をお客様には手にしてもらいたいと
思います。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます


23-0224までお電話を!
宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter)でも
ご覧になることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 3 =