シーリングに頼る建物の雨漏り

飯田下伊那で雨漏り110番飯田店の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

雨漏りは早く原因を探し、修理をすることで
長持ちさせることが出来ます。そんな雨漏りの
事例等の解説を行うブログになります。

知り合いのお客様より雨漏りの調査依頼が
来まして確認に行ってまいりました。
雨漏りが起きたのは店舗の物入れ部分に
なります。
現状の写真はは下の通りです。

さて今回お邪魔しています店舗ですが
フランチャイズ仕様の店舗でお客様が
色々と注文や要望が出来ないものです。
その為に、確認作業を行う中で本部との
確認作業も出来るような資料作りを
行いました。

今回大きな原因になったのは各所に
使われていますシーリングになります。
目地や各所仕上げの違う部分の取り合いに
シーリングを用いて防水を行っていますが
その防水処理が劣化で切れた場合には
即漏水につながっていまいます。

この事はこのタイプの店舗ではどこでも
起こりうるものになってしまいます。
お客様へは写真の他に解説書、図面等での
原因の場所、修理を行う際の注意点も
記載したものを手渡しました。

同時に本部への交渉をお願いしました。

次回は切れてしまったシーリングの現状を
写真も交えて皆様にお伝えします。
今回の事は現在の住宅でも頼りがちな
シーリングの納まりを少しでも解消、
注意を頂くためのものになります。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
雨漏りはお客様の大切な財産を傷めてしまいます。
早期に気づき、原因を調査、発見をする事で
被害を最小限にする事ができます。
ですから…

雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

23-0224までお電話を!
Googleマップでも雨漏り110番飯田店の
紹介がされています。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(FB、twitter、Google+)でも
ご覧になることが出来ます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + four =