左官の壁のクラック(ひび割れ)は危険!

当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。

飯田下伊那で「雨漏り110番飯田店」の
店長兼雨漏り診断士をしています宮下です!

1.雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

雨漏りが起きる原因は経年劣化にて起きるものと
施工面、特に複数の取り合い(仕上がり)で
起きるもの、まだ技術の追及が途中の場所、
建物に影響を与える雨風等など原因が
一つとは限りません。

2.最近の建物での雨漏りの現状

今の新築の建物は「住宅瑕疵保責任保険」の
設計施工基準を基に施工を行う事で
雨漏りの問題は減っては来ていますが、
昔とは違った建物の考え方により雨漏りが
起きる場所も変化してきています。

 

3.雨漏り診断士からお客様へ

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく解説して
お客様に知ってもらい、雨漏りから住宅や
建物を守る為の知識の場にしたいと思います。

4.クラックの深さ、方向、場所などで雨漏りを
     誘発する可能性あり!

写真をご覧ください。

左官の壁のクラック(ひび割れ)になります。
塗り壁の下地には木造下地、鉄骨の下地で
若干違いますが、建物の揺れや経年劣化などで
ひび割れは起きてしまいます。

また、施工方法によってはクラックを誘発させる
目地(場所)を作ったりなどの工夫をします。
また塗り厚さは18~20mm程度になっています。

クラックが起きてもそのクラックの深さに
よっては漏水がすぐには起きない場合が
考えられますが、宮下板金のブログでも
紹介しましたが、左官の壁は表面の施している
塗装の膜により止水性を持たせています。

また、写真の様にクラックの入り方や方向に
より壁に取りついている設備器具より雨水が
侵入する可能性、クラックの入り方に
よっては雨水の経路にもなります。

クラックについてはそのまま放置しておくと
割れの幅、深さが変わってきますので
早めの処置が必要になります。

お客様にはまず自ら目視で確認を行って
もらう事と早めに業者へ連絡をしてもらう事を
お勧めします。

お読みになって頂き、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いします。

ですから…
雨漏りが起きたら雨漏り診断士がいます

23-0224までお電話を!
またはお問合せボタンをクリックして下さい。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
E-mail  amamorishindanshi99710224@gmail.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 13 =