塗装を行う場合に必要な知識である事

当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。

雪止めの金物を変える必要がある事

鋼板屋根の塗装を行う場合に、屋根に雪止めが
取付いているケースがあります。
雪止めは縦葺、横葺で金物の形状や取り付け方は
違ってきます。
写真をご覧ください。

今回の屋根は長尺瓦棒葺きと言う屋根になり
雪止めは後付けで取り付けております。

塗装を行う工程は
錆びのケレン→高圧洗浄→下処理(さび止め)
上塗り(2回)を通常として考える中で
必要な状況に応じて塗り重ねを行います。

この先どのような事になるのか?

屋根を塗装する場合、取付いている雪止め金具
アングルは外す様にします。

外す目的は雪止め金物の下を塗装する事に
なりますが、金物は外した時点で使用が出来なく
なります。それと同時に新しいものに交換を
して行く事が維持管理に必要になります。

雪止めの下は塗装する事が出来ず、錆の進行が
わからない中で、取り外さず塗装を行う場合は
いずれ穴が開き、雨水の侵入につながり
雨漏りを起こす原因になります。

塗装を行う場合には、屋根の形状、雪止めなど
見積書に項目として記載があるか?
必ず業者に確認する必要があります。

場合によっては写真を撮ってもらう事も
要望する事が大事だと考えます。

雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

最近の建物での雨漏りの現状は
どうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、
原因や予防策を詳しく解説する中で、
お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、
雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場に
したいと考えます。

危険個所画像①、②

 


宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + 11 =