壁の塗装を行う中でわかった危険性

当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。

出窓の枠廻りの木仕上げの扱い

写真をご覧ください。

通常外部の仕上げには紫外線、風雨の当たる
事から特に雨水対策には注意して行います。
家の造りによっては木部を表したり
土壁と取り合ったりと複合した納まりを
多用はしているものの、傷みが見られる
場合には早めの処置が必要になります。

塗装で木部を保護する事も一つの方法
ではありますが、手入れや修理が可能な
場所であれば問題はないのですが、
高所になる場合には手入れや修理が
遅れる事が懸念されます。

その懸念が、仮に遅れる場合には木部の
腐れや木部を取り付けている釘やビスが
錆る事で起きる事など…

今回は良いタイミングで点検や修理が
行えるようになります。

木部を鋼板で巻きつけて保護をする

写真をご覧ください。

木部の扱いに関しては塗装で行う事も
良いと考える反面、心配は塗膜の劣化で
起きる木部の腐れです。
今回はその事も考えて、木部を鋼板で
巻き付けて、その上を塗装で保護する
形で行って行きました。

外部の木部の扱いに関しては使用箇所に
よって改修時に変える事も必要に
なって行く事をご理解願います。

いずれにしても木部の腐れが起きる
状態は雨掛かりしているという事…
いずれ雨漏りが起きる事など…
懸念を減らす為の修理になります。

雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

最近の建物での雨漏りの現状は
どうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、
原因や予防策を詳しく解説する中で、
お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、
雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場に
したいと考えます。

危険個所画像①、②


 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × five =