天井より起きた雨漏りの原因は→ハウスメーカー

当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。

お客様より問い合わせをいただき確認に!

当社でお客様へポスティングを行っております。
そのチラシを見まして今回当社へ雨漏りの
相談に来られました。

伺いましてお宅を拝見する前に、事前に電話で
建ててからの年数と雨漏りが起きている場所と
周辺について確認をさせてもらいました。

お宅はハウスメーカー建てられて約15年経過して
います。
※あえてメーカーについては不問にさせて
もらうようにします。

問題のありそうな個所に仮説を立ててみる

雨漏りが起きた場所と周囲を確認させて
もらうと後付けのテラス屋根が壁に取付いて
いました。後付けの製品の気を遣うべき事は
取り付ける下地、壁に穴を開けた部分、製品との
境目の防水処置が大事になります。

今回調査の所見で確認が出来た部分は
①テラス屋根と壁との境目の防水処置の不備
②壁のつなぎ目部の防水処置の劣化
以上が仮説を立てた場所になります。

写真で確認してもらうとわかります。

 

 

 

今回、お客様からの依頼で雨漏りの調査を
行いましたが、当社からのアドバイスで
建てられたハウスメーカーの方に再問い合わせを
してもらいましてメーカーとしての見解を
もらうようにお客様へお伝えしました。

当社で用意しました写真資料はお客様に
使ってもらうようにしました。

我が社では現在お客様には写真を撮り説明書きを
加えたものを手渡ししたり、メールをさせて
もらうようにしております。あくまでも
わかりやすく理解いただく為の当社で取り組んで
いる事になります。

雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

最近の建物での雨漏りの現状は
どうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、
原因や予防策を詳しく解説する中で、
お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、
雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場に
したいと考えます。

危険個所画像①、②

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 15 =