壁の不自然な痛みはどこから来ているのか?

 

 

 

 

 

 

当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。

お客様の気付かない所が原因となっています

ます1枚写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

青い点線で囲っています部分ですが、少し不自然な
壁の色をしているのかが確認できるかと思います。

さてここに至る原因はどこにあるのか?

続いて2枚目の写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

原因は軒樋から竪樋につながれている部分の
接続が外れてしまっています。
さて、この重要な部分ですが外れてしまうと
常の雨が降った時にはどうなっているのか?

当然ながら竪樋に雨水は入らず下に落ちる
形になっていると思います。しかも雨量に
よっては壁を伝わる様になる事も考えられると
思います。

少々高いところですが、早急に接続をして
正常な状態にするのが急務かと思います。

このまま放置しておくと雨漏りの原因になります

さて、接続を行わない状態がこの先続いた
場合にはどうなって行くのか?

3枚目の写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

雨漏りにつながりそうな場所を書いてありますが
まずは壁のALCになりますが、ちょうど隅に
なる場所で盤間をシーリングした場所になる
所ですが、シーリングが切れていたら雨水は
侵入します。

続いて、アルミのオーバーハング見切りですが、
ALC壁の下端に取付いていますが、取り合い
つなぎ部にはシーリングが施しています。
シーリングが切れていたら軒天井に
シミとして出ます。

たった軒樋と竪樋の接続部分の外れた事で
大きな影響の出る話になって行きます。

雨漏りにつながる危険個所について
今回は説明を行っておきます。

雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

最近の建物での雨漏りの現状は
どうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、
原因や予防策を詳しく解説する中で、
お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、
雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場に
したいと考えます。

危険個所画像①、②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + ten =